DHL Express Networkの運送および通関業務に関する利用規約(「T&C」)

 

これらのT&Cは、個人使用のための速達貨物の配達に関してExpress Carrier DHLExpressが提供するサービスに適用されます。

 

  1. ここで使用される用語:

エクスプレス キャリア: DHL エクスプレスは、ロシア連邦内では、DHL インターナショナル AO と DHL エクスプレス OOO の XNUMX つの事業体によって代表されています。 DHL Express とサード パーティは協力して、速達貨物を国際的に配送し、速達貨物に関する通関手続きを行います。

通関業者とは、関税同盟の税関法に従って、DHL Express OOOが、税関申請者およびその他の利害関係者の名前で、その代理として通関業務を行うことを意味します。

エクスプレス発送とは、電子発送組織と追跡システムを使用して、任意の輸送手段によってエクスプレスモードで発送される商品を意味します。 www.dhl.ru ウェブサイトを使用して、個別の運送状に従って、可能な限り短い期間および/または一定の期間内にそれらの商品を荷受人に配送します。

荷送人とは、速達便を速達運送業者に引き渡して配達する法人、通常はオンラインストアを意味します。

荷受人とは、DHLExpress運送状に指定されているExpressShipmentの個々の荷受人を意味します。

 

  1. 利用規約の主題

2.1. これらの T&C は公募であり、荷送人/荷受人、速達運送業者、および通関業者による速達貨物に関する合意型の配達および通関業務契約 (「本契約」) を形成します。

2.2. エクスプレス貨物の荷受人は、ボタンを押すか、ボックスにチェックを入れるか、ボックスに他のサインを入れることにより、自分自身および荷送人を含む他の直接的または間接的な利害関係者のために、本契約の規定を受け入れます。オファー」、および/または荷送人のウェブサイトで商品を注文する際の同意の実際の確認のその他の手段。

2.3. ロシア連邦の該当する法律に基づき、速達運送業者および通関業者は、商業、銀行およびその他の秘密を含む情報を含むも​​のを含め、速達貨物の国際配送および速達貨物に関する税関業務に必要な書類および情報を荷受人に要求する権利を有するものとします。法律で保護されている機密情報、またはその他の機密情報を入手し、適用される法律で指定された要件を遵守することを保証する期限内にそのような文書や情報を取得します。

Express Carrier and Customs Brokerは、法律で保護されている州、商業、銀行、その他の秘密を含む取得情報、またはその他の機密情報を、Express Carrier and CustomsBrokerとその従業員が自分の目的で開示または使用してはならないことをここに認めて確認します。ロシア連邦の該当する法律で想定されている場合を除き、他の人に引き渡されます。ただし、速達の国際配送および速達に関する通関業務のために情報の開示が必要な場合は除きます。

 

  1. DHL エクスプレス ネットワークの運送約款。

3.1. 荷送人および荷受人は、通常の DHL エクスプレス配送利用規約が DHL エクスプレス ネットワーク経由の商品の運送に適用されることを認めます。 荷受人にとって不可欠なその主要な条項は以下のとおりです。

配達と配達不能

私書箱や​​郵便番号への配送はできません。 荷物は、荷送人が指定した荷受人の住所に配達されますが、必ずしも指名された荷受人に直接配達されるとは限りません。 中央の受け取りエリアがある住所への荷物は、そのエリアに配達されます。

DHLは、受取人に次回の配達または未配達を通知する場合があります。 荷受人には、別の日の配達、署名不要、リダイレクト、または DHL サービス ポイントでの集荷など、別の配達オプションが提供される場合があります。 荷送人は、リクエストに応じて特定の配送オプションを除外する場合があります。

貨物がセクション2に記載されているように受け入れられないとみなされる場合、通関目的で過小評価されている場合、または荷受人を合理的に特定または特定できない場合、または荷受人が配達を拒否するか、関税またはその他の貨物料金の支払いを拒否する場合、DHLは合理的な使用を使用するものとします。荷送人の費用で荷送人に荷物を返却する努力。これが失敗した場合、荷送人または他の誰かに何らの責任を負わずに、荷物が解放、処分、または販売される可能性があります。荷送人に返還される販売代金の残高。 DHL は、法律により DHL が荷送人に返送することを妨げている貨物および危険物の貨物を破棄する権利を有します。

査察

DHL は、安全、セキュリティ、税関、またはその他の規制上の理由から、予告なしに貨物を開封して検査する権利を有します。

DHLの責任

航空輸送(付随的な道路輸送または途中での停車を含む)に関する DHL の責任は、該当する場合はモントリオール条約またはワルソー条約によって制限されます。 (ii) 19 キログラムあたり 26.00 の特別引出権 (XNUMX キログラムあたり約 XNUMX 米ドル)。 そのような制限は、以下の制限が適用される場合、荷物が道路のみで運ばれる場合を除き、他のすべての輸送形態にも適用されるものとします。

国境を越えて陸路で輸送される荷物の場合、DHL の責任は、(i) 現在の市場価格または申告価額、または (ii) のいずれか低い方に、国際陸路物品運送条約 (CMR) によって制限されるか、または制限されるものと見なされます。 8.33 キログラムあたり 14.00 特別引出権 (XNUMX キログラムあたり約 XNUMX 米ドル)。 そのような制限は、適用される国内運輸法に義務的またはより低い責任制限がない場合、国内の道路輸送にも適用されます。

荷送人がこれらの制限が不十分であると判断した場合、特別な価値の申告を行い、セクション 8 に記載されている保険を要求するか、独自の保険手配を行う必要があります。

DHL の責任は、貨物の直接的な損失および損傷のみに限定され、本セクション 6 のキログラムあたりの制限に限定されます。その他の種類の損失または損傷はすべて除外されます (逸失利益、収入、利子、将来のビジネスを含むがこれらに限定されません)。 、そのような損失または損害が特別なものであるか間接的であるかにかかわらず、また、そのような損失または損害のリスクがDHLの注意を喚起した場合でも.

DHL は、DHL の通常の配送スケジュールに従って貨物を配送するためにあらゆる合理的な努力を行いますが、これらのスケジュールは拘束力がなく、契約の一部を構成するものではありません。 DHL は、遅延に起因するいかなる損害または損失についても責任を負いませんが、特定の貨物については、荷送人は、DHL の Web サイト www.dhl.com またはカスタマーサービスから。

請求

すべての請求は、DHL が荷物を受領した日から 30 日以内に書面で DHL に提出する必要があります。 請求は、出荷ごとに XNUMX 件に制限され、その解決は、それに関連するすべての損失または損害の完全かつ最終的な解決となります。

DHLの管理外の状況

DHL は、DHL の管理の及ばない状況から生じるいかなる損失または損害についても責任を負いません。 これらには、電子的または写真的な画像、データ、または記録への電気的または磁気的損傷または消去が含まれますが、これらに限定されません。 DHLが知っていたとしても、貨物の性質に関連する欠陥または特徴。 DHLが雇用または契約していない人物による作為または不作為(荷送人、荷受人、第三者、税関、またはその他の政府関係者など)。 「不可抗力」 - 地震、サイクロン、暴風雨、洪水、霧、戦争、飛行機墜落事故、禁輸措置、暴動、内乱、または争議行為など。

ルーティング

荷送人は、貨物が中間の停車場所を経由して運ばれる可能性を含め、すべてのルーティングと迂回に同意します。

3.2 текст DHL Express Networkの運送約款の全文は、 www.dhl.ru ウェブサイトをご覧ください。

 

  1. 通関業務利用規約

4.1. 税関貨物取扱人:

4.1.1 速達貨物の税関申告を行うことができます。

4.1.2. 一時保管施設 (TSF) に商品が到着した日付を荷受人にファックスまたは電子メールで通知するものとします。

4.1.3. 申告された速達貨物に関して荷受人によって行動する権限を与えられた人物として通関業務を遂行するために必要な、関税同盟およびロシア連邦の関税法に規定されたその他の行動を遂行するものとします。

4.2. 荷受人は、包括的かつ正確な詳細と書類を提供して、関税同盟およびロシア連邦の関税法に規定されている速達貨物の申告を行い、通関業者の要求に応じて追加の書類を提供するものとします。

商品の申告に必要なすべての書類は、商品がTSFに到着した瞬間から10暦日以内に提出する必要があります。

4.3. 荷受人は、自身のリスクと費用において、貨物の受け取り頻度に関する手続きを行うものとします。

4.4. 荷送人および荷受人は、通関業者が法的に関連する措置を代行するための法的権限またはその他の法的根拠を有していることを保証し、速達貨物に関して包括的かつ正確な情報を提供する全責任を負うものとします。

 

  1. 当事者の責任

5.1. 荷受人は、荷受人が包括的かつ/または正確な情報および文書を提供しなかったために通関業者が通関規則に違反した結果として、通関業者に科された罰則の責任を負うものとします。それらの名前、数量、期日申告に影響を与えるその他の特性、および荷受人がそれらの文書と情報の提供に遅れていること。 その場合、荷受人は通関業者にそのような制裁のすべての金額を別の請求書に対して払い戻すものとします。

5.2. 通関業者は、たとえそのような損害が予見可能であるか、通関業者に知らされていたとしても、または通関業者がそれらについて知ることができた、または知っていたはずであっても、荷受人の逸失利益またはその他の結果的および偶発的な損害に対して責任を負わないものとします。

5.3. 当事者は、不可抗力の状況の結果となり、これらの状況が本契約の履行に直接影響した場合、本契約に基づくそれぞれの義務の全部または一部の不履行に対する責任から解放されるものとします。

 

  1. 通関業務のサービス料金と支払い:

6.1. サービス料金は、請求日現在の通関業者のレートに基づいて決定されます。これには、本契約に基づいてサービスを提供している間に通関業者が支払った通関およびその他の料金が含まれます。

6.2. 荷受人は通関業者のサービスの料金を支払わなければなりません。

6.3. 通関業者は、荷受人に提供される顧客仲介業者のサービスが全額支払われるまで、荷受人の費用負担で荷受人の商品を留保する権利を留保します。

 

  1. 一般規定

7.1. T&C および/または契約書の文言が変更された場合、両当事者は、第 2.2 条で指定された同意日の時点で有効な T&C を適用することに同意します。